シムロック解除アダプターの利用をする際、端末がつなごうとする局を、強制的に別の局に誘導したりする作業を行うモードを利用する(アダプタータイプ利用時)場合、設定を間違えるとシムがエラーを起こし正常に電波を補足できなくなります。
多くの場合これはシムの故障ではなく、シムのエラーであり復帰が可能です。(故障原因が静電気等の場合は故障になります)

スマートフォンでこちらを回復するためにはエラーを起こしたシムをシムフリーの機械(アンドロイド・iPhone共)もしくは利用しようとしているシムと同じ回線のキャリア端末を用意します。(AU端末のiPhoneは手動設定を表示させない設計となっていますのでAu系のシムを回復するのには利用できません)(ガラケーでも可能ですガラケー利用の場合はこちらを参照して下さい

通常ネットワーク選択設定は自動になっていますがエラーを起こしているシムは自動では回復しませんので、自動を解除し、手動に下あとしばらく待ちます。(iPhoneの場合は選定>モバイル通信>ネットワーク選択)

自動をきると数秒後に下記のように近辺にアクセスできる基地局が表示されますので、そのシムのキャリアにあわせます。
例:ドコモ系格安シムを利用しようとしてドコモ系のシムのエラーを解除しようとする場合はNTT DOCOMO を選択

選択してしばらく待つとドコモの電波が現れ、シムのエラーが回復します。
※手動で基地局をあわせて回復しない場合はガラケーを利用しますが、お持ちの方も少なくなっていますので個人での回復は難しいと思います。残念ですがシムを再発行してもらってください。